Nikon爺のブログ

日常の風景、非日常の景色等々色々な角度から楽しんでます。

富士山の写真 本栖湖

富士山の写真 本栖湖




これがいわゆる「撮らされた写真」^^;
そう、チョッと変わった富士山の感じだ。
雲が出て、ちょうど山頂が赤く染まって、、、
しかし、感じ方は個人個人で全く違うよね~
この場面に感動する人もいる。
マッタク反応しない人もいる。
この場面は富士子ちゃんの「チョッとだけよ~」
と言ったとこだろうか・・・
ゆえに、撮らされちゃってるんです。
初めて撮りに来た人たちは夢中でシャッターを
切るでしょう。それで良いんです。
ガハハ!!
Nikon爺は10枚も撮った^^;



9/22
2013 09 22 本栖湖 (98)@_filtered

では・・・

D2x

スポンサーサイト

富士山の写真 D3x

富士山の写真 D3x






過日UPしたものと似てますが(モノクロ)・・・
こちらはカラーバージョンということで。
実際目の前では白黒に近い色彩が展開されてまして、
ホワイトバランスを変えないと赤くならない状況。
少し赤くなった頃にカシャっと、、、

足もとまで湧き上がってくる雲、雲、雲。
大波にのみこまれそうな勢いは迫力十分でしたよ~


9/21撮影 櫛形林道


2013 09 21 櫛形山から D3x (13)@S_filtered

では・・・

D3x

富士山の写真 平林2

富士山の写真 平林2




この日の櫛形山/池の茶屋は雲の中!!
遠方ナンバーの方々が一杯でした。
三脚数えたら自分のも入れて20脚!!
日の出1時間前くらいは上空には星が
見えてまして、富士山は雲で見えてません。
いつもだったら隠してる雲は下がって来る
んだけど・・・
ダメだった。撮影現場が雲の中に入った。
も~無理!
さっさと自分たちは機材片付けて下山。
ほかの皆さんは一向に片付ける気配なし。
あとは知りません・・・

と・・・
下山途中、木々の間から焼けた雲が見える。
下り坂、スピードが更に上がって行った!!
お~!!!(って、驚く程でもなかったかな?)
見えてましたよ~~~~
頂きました^^


9/23撮影 富士川町/みさき耕舎のチョッと上から
2013 09 23 平林 (101)@_filtered







2013 09 23 平林 (107)@_filtered

では・・・

D2x

富士山の写真 Mamiya RB67 SD

富士山の写真 Mamiya RB67 SD



カメラに入れっぱなしだったリバーサルを
やっと現像した。
今年の高温多湿の夏の中、フィルムは無事だった。

いや、新入手した
Mamiya-Sekor Zoom C 100-200mm f5,2
の試撮りって事で・・・
右がゴチャゴチャしちまった~
いや、左のふんわか雲が可愛かったもんで・・・
って、言い訳してます。
で、このレンズ、単焦点が多い中ズームなんです。
使えそうですね^^

CanoScan 9000F MarkⅡにてスキャン。
無修正。



大石公園S

では・・・

富士山の写真 平林

富士山の写真 平林




ちょうど稲刈りの真っ最中でした!
ま、狙ってきたんですけど^^;



9/21撮影
2013 09 21 櫛形林道 平林曼珠沙華 (22)ss








2013 09 21  平林曼珠沙華 (25)@@S







写真左下がチョッとガサガサですけど・・・
お許しを。。
2013 09 21 櫛形林道 平林曼珠沙華 (35)S








牛か・・・
馬か・・・
バッタか・・・
なんか面白い。
2013 09 21  平林稲刈り (38)@S

では・・・

D2x

富士山の写真

富士山の写真




あ”~久しぶりだ~!!
3泊4日の撮影ツアーだった。
期待外れもあったし、期待通りもあったし・・・

しかし、自律神経が乱れてるNikon爺には
何回も下界と上界の行ったり来たりはこたえる。
さすがに酒はかなりの減酒だ。
気温が低い上に気圧も低い。
血圧がぐっと下がり気味だ。
急降下で下界に降りると体がおかしくなる。
これを毎日やると・・・・・
家に帰ってきてら、グッタリでした!!

ウヒャヒャ!!!
大波が押し寄せてくるではないか!!
波にのまれそうな勢いだ。



櫛形林道~
9/21撮影
2013 09 21 池の茶屋 平林曼珠沙華 (5)@S














2013 09 21 池の茶屋 平林曼珠沙華 (2)@S

では・・・

D2x

新車の味わい

新車の味わい





新車と言っても、バイク、、自転車^^;
フルオープンカー、今の時期にはもってこい。
以前に買ったバイクは娘の旦那にやった。
だから手元に無くなった。
また乗りたくなった。だからまた買った^^

そう高価なものではない。
カメラのレンズなど到底買えない。
ま、安物ってことですね。。


9/18撮影
2013 09 18 バイク (2)ss








安くたって、スピードも出るし
ビシッと止まる。ベンツ並みに。
2013 09 18 バイク (10)SS

夕焼けの中を小走りに・・・
暗くなって危ない。。

富士山?
今日撮影行こうかしら・・・???

これシグマレンズ。
色が被る。黄色が強い。
昼間だと特に。
しかし、フォトショで補正。

では・・・

D2x+SIGMA28-70D

赤富士 大石公園

赤富士 大石公園





パンパスグラス、、、まだありましたので・・・^^;

2013 09 01 大石パンパス (147)s@







裏焼け、とでも言いましょうか・・・
大石公園だと日の入りの角度の関係で半分くらいしか
赤くなりません。
本栖湖まで行くともっと赤い面積が増えます。
富士山全体が赤くなる感じです。
この場所から方角で言えばもっと右方向に位置します。

昼間は半分から上は隠れてた富士子ちゃん。
運が良ければこのようになってくれます。
あ~めでたしめでたし^^;

9/1撮影
2013 09 01 大石パンパス (163)S@

今回の撮影ツアーの発表はここまでです。
隠してある作品があるんですが、内緒に
しまっておきます。

では・・・

D3x

大石公園/パンパスグラス

大石公園/パンパスグラス





花の森から足をのばして・・・
大石公園で昼寝でもしようか、と・・・
到着時富士山はホトンド雲がかかって見えず。
夕方近くになったら、なんと姿を現した^^
そこで何枚かカシャっと。

あと、2ケ月弱でもみじ等々色が付きます。

    *パンパスと富士山頂の高さが一緒ですね^^;
     ドッチかを高くして強弱をつけないと
     いけませんです、ハイ。。

9/1撮影
2013 09 01 大石パンパス (139)s







チョイと位置を変えてと、、、
2013 09 01 大石パンパス (142)s

では・・・

D3x

山中湖~花の都

山中湖~花の都





長池撮影が終わるとどうしても花の森へ、、、
ま、近いですからね^^
カメラぶら下げてる人、三脚構えてる人
大勢いますよ~
2、30人位でしょうか。
時間が経つと、観光バスがドドド~ンと。

こっちは赤富士騒ぎが終わって一息。
空白鳥と湖面白鳥です。
この白鳥は真夏でも元気いっぱいですぞ!


8/31撮影
2013 08 31 長池から白鳥 (59)S







振り返ると横浜、じゃなくて(古い?)釣り。
ず~っと思ってるんだけどね~
なんでチョコットだけ水に入るの???
本人に聞けば良いんでしょうけど、怒られそ。
ま、未だ理解できず。
画像中央奥方向がパノラマ台。ジッと動かない
人たちがいっぱいいます。
その右方向が、十国峠、神奈川/静岡方面へと。
2013 08 31 長池 (58)S









長池駐車場から10分足らずでここへ到着。
ここでカシャカシャ撮って、仮眠体制でございます。
2013 08 31 花の都 (69)s

では・・・

D3x

赤富士

赤富士2連




真っ赤にはイマイチでしたが・・・


8/31撮影 長池
2013 08 31 長池赤富士 (32)S










2013 08 31 長池赤富士 (47)S

では・・・

D3x

山中湖の夕べ

山中湖の夕べ




何とか夕方の撮影には間に合った。
しかし、天候が悪い。
でも、こういう時が返って面白いのが撮れる。
マッタク嫌いなカメラマンもいますけど・・・
綺麗な富士山もイイ!!
でもNikon爺はこういう荒天の富士山がイイ!!

雲が絶え間なく湧いてくる。
上空の黒い雲が赤く色付いてくれればサイコー
だったけど、これはこれで、ま、イイとしよう。


8/30撮影 山中湖/長池
2013 08 30 長池 (4)ss










何の光源だろ、、、
ずっと光ってた訳じゃない。
数分間、輝いてました。
2013 08 30 長池 (11)ss

では・・・

D3x

富士登山ライト/山中湖

富士登山ライト/山中湖







天気予報が外れた!モチ良いほうに^^
台風の列島縦断の危機が・・・
一安心ですね。

で、今回も結構面白いのが撮れましたので
ボチボチUPしていきます。


これは、山中湖/長池から見た富士登山してる
人間の灯り。
富士山は登るものか、見るものか、撮るものか
拝むものか・・・
好きで良い。


8/30撮影
2013 08 31 長池赤富士・大石パンパス (12)SS


では・・・

D3x

該当の記事は見つかりませんでした。